〜みんなのギモン19〜 パイロット 何歳まで働ける?

パイロット志望者がギモンに思っていることにお答えしていく「みんなのギモンシリーズ」です!

パイロット 何歳まで働ける?

相談者さま

パイロットは、何歳まで働くことができるのですか?

相談員 冨村

まず、法律上のエアラインパイロットの定年は、68歳未満(68歳の誕生日の前日まで)となります。一方で、各社の定年は60歳となっており、60歳の定年以降は、嘱託として契約社員扱いで、最大68歳 まで雇用延長することになります。

加齢乗員制度という名称で、航空身体検査要件が厳しくなるほか、契約社員ですから、給与など待遇が下がったり、大手航空会社を定年後に、新興航空会社などに再雇用され、それまで以上に乗務時間数が増えて辛くなったりすることもあります。また近年ではコロナ禍で運航便数が大幅に削減された時、パイロットを全員雇用していては、売上がないのに人件費を削減できませんから、加齢乗員を含めた契約パイロットから契約終了(解雇)になりましたので、68歳まで働けるかどうかは、その時の景気や自身の体力にも左右されることとなり、なかなか希望通りには行きません。

相談者さま

パイロットはあまり長くまで働けないというイメージがありましたが、意外にも長くまで働き続けることができるのですね。
契約社員になるということは給与など待遇面で何か変わることはありますか?

相談員 冨村

定年後の再契約パイロットは、加齢乗員制度という名称で、航空身体検査要件が厳しくなるほか、契約社員ですから、給与など待遇が下がったり、大手航空会社を定年後に、新興航空会社などに再雇用され、それまで以上に乗務時間数が増えて辛くなったりすることもあります。また、近年ではコロナ禍で運航便数が大幅に削減された時、パイロットを全員雇用していては、売上がないのに人件費を削減できませんから、加齢乗員を含めた契約パイロットから契約終了(解雇)になりましたので、68歳まで働けるかどうかは、その時の景気や自身の体力にも左右されることとなり、なかなか希望通りには行きません。

相談者さま

分かってはいましたが、定年退職後はパイロットを続けるのは、簡単では無いのですね・・・

相談員 冨村

お話した通り、定年後もパイロットを続けていくことは精神的・肉体的に大変なことですので、再契約を行わずに退職されるパイロットがいらっしゃることも事実ですが、そうしたことよりも大空を飛び続けたいと願う方が多く、加齢乗員となってもパイロットを続ける選択をされる方が大勢いらっしゃることも、また事実です。
それだけパイロットは、やりがいのある職業だということなんですね。

パイロット相談室では、皆様の純粋なギモンに、一つひとつ、理論立てて、またエビデンスを提示して、丁寧な説明を心がけています。

パイロットのなり方については以下のコラムでまとめていますので是非ご覧ください!

【告知】崇城大学を分析・紹介 入学説明会・オープンキャンパスについて

【告知】 PILOT専門進学塾で行われるイベント紹介

5/18(土) 14時〜  自社養成&私大操縦パイロット進路相談会

自社養成&私大操縦パイロット進路相談会は、自社養成志望者と私大操縦進学希望者向けにパイロット入試の専門家が丁寧にご相談に応じます。

自社養成・私大操縦の基本情報の説明だけでなく、自社養成のための進路相談やインターシップ相談、SPI対策相談など、自社養成に特化した個別相談と、私大操縦のための進路相談、面接対策相談、学科相談など、私大操縦進学に特化した個別相談を実施致します。

自社養成についての事前情報を持っているのとそうでないのでは、合格率に大きな違いがあります。現在、自社養成受験を考えている方は、是非ご参加下さい。私大操縦志望者の方も同じく、事前に確かな情報をゲットして、対策するようにしましょう。

当日は、現役パイロットが参加し、座談会形式で交流することができます。(20歳以上の参加者様のみ、同日19時頃から開催予定のパイロットを囲んでの懇親会にご参加いただけます)

自社養成、または私大操縦進学を検討されているご本人のみの参加若しくは、保護者様1名様までご同席可能ですが、保護者様だけのご参加はできません。必ずご本人様がお越しください。

自分の進路についてパイロットと一緒に考えてみよう! 5/18自社養成&私大操縦パイロット進路相談会

PILOT専門進学塾 2024年度新規入塾者募集開始

JAMBOが運営するPILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーの2024年度新規入塾者の募集が開始されました。

PILOT専門進学塾では私大航空操縦・航空大学校受験対策、自社養成対策と有資格者転職対策といった多くのコースをご用意しております。

[告知] PILOT専門進学塾 2024年度 新規入塾 募集開始します

PILOT専門進学塾に入塾するためにはパイロット適性診断テストを受験していただく必要があります。

パイロット適性診断テスト特集

パイロット適性診断テストのご予約

パイロット適性診断テストのご予約は、パイロット相談室の「相談予約」にて承っております。

パイロット適性診断テスト特集

2023年度合格速報

2023年、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミー(PJ SFA)の私大パイロット養成コース(航空操縦)今年の合格者は・・・

  • 崇城大学5名(研究生-履修証明プログラム生-1名、パイロット特別選抜2名、一般選抜前期2名)
  • 第一工科大学2名(一般試験2名)
  • 東海大学1名(一般選抜)
    計8名合格

という結果でした!
またしてもPJ SFAの生徒は全員合格です!!(複数試験合格者含む)

皆さん本当によく頑張りました!

また、今年の崇城大学合格者の2名は未来人育成特待生制度「ミライクプレミアム」と「ミライク50」を勝ち取りました。昨年に続く快挙です!

ミライクプレミアムは入試の得点率と成績順位に応じて選考される特待生制度で、ミライクプレミアムを獲得しますと学費が全額免除となります。

また今年は、崇城大学の中でも自社養成訓練生並の実力がないと入学できないとされる研究生(履修証明プログラム生)の募集が2名あり、弊塾から1名がチャレンジし、見事合格しました!なお、もう一名の方は、PJ中部校に加盟している「飛鳥メディカルクリニック」福本先生の受検者様との情報が入っています。

ミライクや研究生に選ばれることは名誉なことでもあり、かつ、大変難しいことですが、生徒の並々ならぬ努力の結果、今年はPJ SFAから3名が合格をいただきました。

昨年は、私大受験生が多い年でしたので、計12名の合格。それに続いて、今年は8名となると、少し寂しい感じもしますが、そもそも入塾者数に波がありますので、むしろ来年受験生の方が多いため、今後にご期待頂けましたらと思います。私大のパイロット養成コース(航空操縦)は近年の受験者数増加により非常に難易度の高いものとなっていましたが、弊塾からの受験者数が少ないにも関わらず、これだけ多くの好成績を残せたのは、誠に素晴らしい結果と考えます。

生徒一人ひとりの努力が実ったこの結果に、PJ SFAスタッフ一同大いに感動しました。

合格されました皆さん、本当におめでとう!!