パイロットと恋愛

パイロット志望者の皆さまこんにちは!理事長・パイロット養成コンサルの冨村です。

最近、コラムでJALのパイロットを主人公としたドラマ「NICE FLIGHT!」の感想・考察を書いてきましたが、やはりラブストーリーの要素が大きかったですね。

物語を面白くさせ、視聴率を上げるためにもラブストーリーの要素は大事な事ですが、実際のところパイロットの恋愛はどんなものなのでしょうか。ドラマで描かれていたような恋愛なのか、それとも現実は少し違ったものなのかパイロットを目指している人ならちょっとは気になりますよね。

今回は私が見聞きした範囲での、パイロットの恋愛について書いていきたいと思います。

パイロット適性診断テスト特集

パイロットの恋愛は大変!?

一般的に恋愛市場において、パイロットの人気はとても高いです。
理由は高収入であること、社会的地位が高い(本来パイロットだから偉いということは絶対ありませんが、世の中にはそう思う人達がいることも事実です)、安定した職業だと考えられているからでしょう。自己紹介でパイロットの職業を言うだけですぐに恋人ができるなんて言われていたりもします。ですので確かにパイロットはモテると言えます。

しかし、そのように世間から大人気のパイロットですが、いろんな方ととっかえひっかえ交際している人や、すぐにいい人と巡り会えて結婚まで至っているという方は少ないかと思います。

まず、現在航空業界は慢性的なパイロット不足ですので、非常に激務です。休日は法が定める最低限のレベルしかとれません。それに加えて夜勤も頻繁にありますし、国際線パイロットになったら自宅にいる時間さえも著しく少なくなってしまいます。
パイロットは異性とお付き合いする以前に激務のため、出会いの場が少ないのが実情です。
たまに「パイロットは合コンでモテまくり」なんてSNSで書き込んでいる人がいますが、本物のパイロットだったらそんな頻繁に合コンに参加することはできないです。

パイロットに出会いの場が少ないとすると、同業種の方(CAやグランドスタッフ等)との恋愛が多そうですが、意外にも近いからこそお付き合いするのが難しいといったこともあるようです。
私が知っている話だと、CAやグランドスタッフがパイロットとお付き合いすると、パイロットはあまりないようですが、パイロット以外の部署だと人間関係に亀裂が発生する場合があるそうで、パイロット以外の部署の方はそういう心配もあってパイロットとの交際には慎重になる場合もあるそうです。(もちろん、どこの会社でどこの部署かによりますが、いくら責任ある航空業界でも恋愛という要素が絡んでくるとそうした負の部分も現れてきてしまうことがあります。)

更にパイロットをずっと続けていくためには、定期的に行われる航空身体検査をクリアしていかないといけないので、日々の生活で食生活・生活習慣に気を使って生きていかなければいけません。どんなに気をつけていても視力の低下や病気の発症などでパイロットを続けられなくなる場合もあり、そういった意味では必ずしも安定した職業とは呼べないかもしれません。
好きなものを好きなだけ食べられないし、お酒だって控えなければいけない。一緒に過ごせる時間も少ないし、連絡頻度だってそんなにマメにはできません。
だからお付き合いしてもパイロットを続けていくためにはパートナーがパイロットの恋人に合わせなければいけないことが多く、前述のような「高収入、社会的地位、安定」などに憧れてパイロットの恋人になった人は「こんなはずじゃなかった」と後から後悔したりします。

以上のようにパイロットはモテはしますが、出会いの場が少なく、実際に恋愛しようとすると結構大変だと言えます。

パイロットだからこそ、冷静にいいお相手を見つけて

パイロットが恋愛するのには意外にも障害が多いことがお分かりになったと思いますが、パイロットは恋愛をしてはいけない、ということではありません。

先人のパイロット達だって、しっかり恋愛をして自分の家庭を築いてきています。

ただ、パイロットという特殊な仕事に就いていて、世の中の多くの人に比べて出会いの機会が少なかったり色々な制約が多いからこそ、遊びの恋愛ではなく、パイロットの仕事とあなた自身のことをしっかり理解して支えてくださる方をしっかり見極めて真剣交際していただきたいと思っています。

特に女性パイロットは、パイロットの仕事についてしっかりと理解してくれ、家事や育児にも積極的に参加してくれる男性と一緒になることが不可欠です。
昔のような「家事と育児は女の仕事」のような考えを持っている男性と一緒になってはパイロットの仕事は続けられませんからね。女性パイロットの場合は特にパートナーを見極める必要があると思います。

パイロットたるもの、本当にいいお相手を見つけて、プライベートでもしっかりと幸せになりましょう!

パイロット適性診断テスト特集

【告知】 PILOT専門進学塾で行われるイベント紹介

2/26、3/12、3/21 パイロット私大進路相談会

パイロット私大進路相談会では私大航空操縦進学を志望している方向けにパイロット入試の専門家が丁寧にご相談に応じます。(航大・自社養成志望者向け進路相談も受け付けております)

ここでしか得られない最新の入試情報、航空情報がございますので是非ご参加ください。

[告知] パイロット私大進路相談会開催!!(航大・自社養成進路相談も可)2/26(日)、3/12(日)、3/21(火・祝)

PILOT専門進学塾 2023年度新規入塾者募集開始

JAMBOが運営するPILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーの2023年度新規入塾者の募集が開始されました。

PILOT専門進学塾では私大航空操縦・航空大学校受験対策、自社養成対策と有資格者転職対策といった多くのコースをご用意しております。

2023年度 新規入塾者募集開始!!

PILOT専門進学塾に入塾するためにはパイロット適性診断テストを受験していただく必要があります。

パイロット適性診断テスト特集

パイロット適性診断テストのご予約

パイロット適性診断テストのご予約は、パイロット相談室の「相談予約」にて承っております。

パイロット適性診断テスト特集

2022年度合格速報

2022年度、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミー(PJ SFA)の私大パイロット養成コース(航空操縦)今年の合格者は・・・

  • 崇城大学5名(パイロット特別選抜2名、一般選抜前期3名)
  • 第一工科大学9名(総合型選抜6名、公募制推薦1名、一般試験2名)
  • 法政大学1名(自己推薦)
    計15名、全員合格

という結果でした!
またしてもPJ SFAの生徒は全員合格です!!(複数試験合格者含む)

皆さん本当によく頑張りました!

また、今年の崇城大学合格者の2名は未来人育成特待生制度「ミライクプレミアム」を勝ち取りました。

ミライクプレミアムは入試の得点率と成績順位に応じて選考される特待生制度で、ミライクプレミアムを獲得しますと学費が全額免除となります。

ミライクプレミアムに選ばれることは大変難しいことですが、生徒の並々ならぬ努力の結果、今年はPJ SFAから2名も選考をいただけることとなりました。

そして何より、私大のパイロット養成コース(航空操縦)は近年の受験者数増加により非常に難易度の高いものとなっていましたが、12名全員合格は非常に素晴らしい結果です。

生徒一人ひとりの努力が実ったこの結果にPJ SFAスタッフ一同大いに感動しました。

合格された皆さん、本当におめでとう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。