パイロットになるには航空留学を選ぶべきではない理由

みなさんこんにちは。毎度お馴染みパイロット養成コンサルの冨村です!

 

今日は、パイロットになるには航空留学を選ぶべきではない理由について、詳細に解説致します!

 

航空留学される方には、大きく分けて2通りあります。

航空留学の目的

  • 留学後に日本へ帰国して、日本の免許を追加取得し、日本のエアラインパイロットを目指す
  • 留学後に、その国のパイロットになる

まず先に、留学後に日本へ帰国して、日本の免許を追加取得し、日本のエアラインパイロットを目指すケースについて検証してみましょう。


航空留学のエージェントは、簡単にこの方法を勧めてきます。

そしてその成功例も紹介してくれると思いますが、その成功例は、果たしてそのプログラム全体の何パーセントなのでしょうか?


2021年現在、日本はパイロット(機長)不足により、訓練教官の数も不足しています。

 

また、日本は国土が狭く、基地も多いことから、訓練空域が不足しており、訓練数には限界が来ています。

 

私立大学の大半が、訓練後半を日本にて実施していることも、こうした現象を加速させているのです。

 

日本のフライトスクールでは、訓練待ちが多発しており、留学を含む他スクールからの移籍を受け入れることが出来ないフライトスクールも出てきています。


航空留学を検討中の方は、まず先に、フライトスクールを訪問し、航空留学後も待機期間がなく受け入れてくださる確約を得てから、留学されるべきではないでしょうか。無論、そんな数年も先の確約をくださるスクールはないはずです。


続いて、留学後にその国のパイロットになるケース。


外国人であるアナタに対して、その国のエアラインパイロットとして採用される道があるのならチャレンジすべきだし、「こんな国が外国籍でもエアラインパイロットを募集しているよ」と、冨村に教えていただきたいです。


・・・実際は、この仕事を初めて13年、そんな美味しい話、聞いたことがありません。

 

既に路線経験(エアライン)があり、さらに機長としてジェット機を飛ばしている方なら、外国籍だとしても、採用してくれます。


でも、航空留学する、ということは、当然、パイロットとして素人同然。路線経験もなければ機長でもないわけで・・・
そんな外国人を、簡単に採用してくれるはずがないのです。


もしアナタが日本国籍を持っていて、自社養成や航大の受験にて、日本国籍を持たない方ばかり採用していたら、アナタはどう思いますか?


差別的に言っているわけではないのですが、日本なのに日本人の採用が少ないのは、おかしい、と思う人が大半でしょう。


これは海外だって同じことです。


例えば、アメリカで活躍する日本人パイロット。

 

私の知人でも数人いますが、決して簡単なことではないんです。


アメリカの航空会社は、労働ビザのサポートを一切しません。


すなわち、外国籍パイロットの直接雇用はしていない、ということになります。


日本国籍のアナタがアメリカでエアラインパイロットになるには、グリーンカード(永住権)を取得するなどが必要です。


そしてそのグリーンカード取得は、宝くじに当たるようなものだとも言われています。


PILOT専門進学塾の先生にも、アメリカのフライト教官が在籍していますので、いかに海外でパイロットをやることが厳しいのか、お話を伺うべきと考えます。


無論、外国にも国籍をお持ちの方であれば、その国のエアラインも目指せることになります。

(当然ですが、英語力だけでなく、その国に必要な言語をネイティブレベルで習得していなければなりません。)


航空留学をして日本の会社を目指す、という方法も現実的ではなく、また、航空留学をしてその国で採用される道もまた非常に厳しい状況・・・

 

ともなると、免許取得のための留学(航空留学)は、かえってエアラインへの道を狭めてしまう、と言えるのではないでしょうか??


日本国籍をお持ちのパイロット志望者は、私はとてもラッキーだと思っています。なぜならば、日本ほどに、パイロット志望者に平等にチャンスをくれる国は他にないからです。


そこまで日本人は恵まれているのに、どうして海外のエアラインを目指すのか、どうしてより困難な道を選択するのか・・・


困難だと知っていながら目指されるのなら素晴らしいと思います。


しかし、それを知らずして、その道を選択されているならば、これはとんでもないことではないでしょうか?


アナタの航空留学、本当に大丈夫ですか??


航空留学ではなく、訓練をしない留学であれば、むしろ強くお勧めしたいところです。


日本のエアラインが求める英語力は、とても高いですので・・・(後述します)


ちなみに・・・
冨村は航空留学を全て否定しているわけではありません。


免許を取得しないパイロットになる留学プログラム、PILOT専門進学塾にはありますよ!

 

パイロット専門進学塾
パイロットの目指したい中学生、高校生、大学生、社会人はエアラインパイロットの進学予備校塾

プロパイロットとして活躍する先輩達や、私大操縦に在籍しているパイロット訓練生が一人一人に合ったパイロットの受験指導を行います。

パイロットについてご相談したい方は、こちらのボタンより気軽にご相談ください↓↓

【告知】 PILOT専門進学塾で行われるイベント紹介

羽田空港校 パイロット適性診断テスト対策 質問会 5月21日(土)、5月22日(日)

パイロット適性診断テストの対策とパイロットになることに関しての様々な質問に理事長の冨村が答える「パイロット適性診断テスト対策 質問会」を2022年5月21日(土)、5月22日(日)に開催します。

保護者様も同席可能で一組1時間です。
詳細は後述します。

パイロット適性診断テスト対策 質問会の内容

  • パイロット適性診断テストの対策についてのご質問
  • パイロットを目指すにあたって必要なことについてのご質問
  • PJ SFA入塾に関しての質問のご質問
  • その他パイロット業務についてのご質問

パイロットを目指す方々にとっては夢のような時間であることは間違いないでしょう!

参加対象者

  • 2022年に受験生となる方
  • 自社養成採用試験を受験予定(または受験済)の方
  • 航空大学校を受験予定(または受験済)の方
  • 私立大学(航空操縦系の専攻)を受験予定(または受験済)の方
  • 航空留学を検討中(航空留学中)の方
  • その他エアラインパイロットを志望されている(検討中)の方
  • 有資格者で、現在エアライン採用を受験中または今後受験予定の方
  • 年齢性別など一切問いません

イベントへの申し込み

パイロット適性診断テスト対策 質問会は、完全予約制とさせていただきます。

オープンキャンパスに参加される際は、参加希望日前日21時までに下の希望時間内から3候補選び、PILOT専門進学塾の「お問い合わせ」からお申し込みください。

  1. 5月21日(土)13:00〜14:00
  2. 5月21日(土)14:00〜15:00
  3. 5月21日(土)15:00〜16:00
  4. 5月22日(日)11:00〜12:00
  5. 5月22日(日)12:00〜13:00
  6. 5月22日(日)13:00〜14:00
  7. 5月22日(日)14:00〜15:00
  8. 5月22日(日)15:00〜16:00

2022年度合格速報

2022年度、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミー(PJ SFA)の私大パイロット養成コース(航空操縦)今年の合格者は・・・

  • 崇城大学5名(パイロット特別選抜2名、一般選抜前期3名)
  • 第一工科大学9名(総合型選抜6名、公募制推薦1名、一般試験2名)
  • 法政大学1名(自己推薦)
    計15名、全員合格

という結果でした!
またしてもPJ SFAの生徒は全員合格です!!(複数試験合格者含む)

皆さん本当によく頑張りました!

また、今年の崇城大学合格者の2名は未来人育成特待生制度「ミライクプレミアム」を勝ち取りました。

ミライクプレミアムは入試の得点率と成績順位に応じて選考される特待生制度で、ミライクプレミアムを獲得しますと学費が全額免除となります。

ミライクプレミアムに選ばれることは大変難しいことですが、生徒の並々ならぬ努力の結果、今年はPJ SFAから2名も選考をいただけることとなりました。

そして何より、私大のパイロット養成コース(航空操縦)は近年の受験者数増加により非常に難易度の高いものとなっていましたが、12名全員合格は非常に素晴らしい結果です。

生徒一人ひとりの努力が実ったこの結果にPJ SFAスタッフ一同大いに感動しました。

合格された皆さん、本当におめでとう!!