パイロットはブラック労働ってホント?

パイロット志望の皆様こんにちは。JAMBOスタッフです。

一昔前までは某ジャニーズが主演していたドラマやその他パイロットが出てくる映画などの影響で、漠然と「パイロットって華やかな世界なのかな〜」と思われている若者が多いと感じていましたが、最近ではSNSの発達のせいか、「パイロットってブラック労働なのでは?」と考える若者が多いようです。Twitterなどを見ても、パイロットの方(自称)が仕事の愚痴を書き込んでいるのもたまに見かけます。

それでは実際のところ、パイロットの仕事スタイルはどんな感じなのでしょうか。

パイロットの実働時間(勤務時間)は?

エアラインパイロットの勤務時間は会社の規模や乗務機種、路線によっても異なりますが、路線数が多い大手エアラインほど不規則になりやすい傾向です。

国際線パイロットはご想像の通り、時差の関係から勤務時間は非常に不規則になります。国内線パイロットも早朝フライトをする場合もありますから、この場合は朝3時、下手をすれば2時起きなんてこともよくあります。

食事のリズムや睡眠のリズムが一定ではないので、体調不良になってしまうリスクは高いと言えます。パイロットは時差克服はもちろん、日々の体調管理も大切な業務であるため、一般の人に比べるとプライベートでの制限が多いです。(定期的な航空身体検査と日々のアルコール検査もありますからね)

しかし、安全を守るパイロットですから、乗務時間には厳しい上限があり、月100時間の乗務時間を超えることはありません。多い月で90時間程度です。
※参考までに、一般会社員の月あたり平均労働時間は残業なしで160〜180時間程度、残業分を入れると200〜220時間程度といわれています。

ブリーフィングとデブリーフィング、乗務機体点検など、飛行機に乗務しているだけが勤務時間ではありませんので勤務時間はその分だけ多くなりますが、そこまでの長時間でないことと一週間のうち平均2回以上は休みになりますので他の多忙な職種に比べれば時間数自体は少ないと言えます。

パイロットはブラック労働ではない

パイロットは勤務時間が不規則ではありますが、他の職種に比べて勤務時間数が少なく、休みも取れるため皆さんが想像するようなブラック労働ではないです。殆どの職種にある「定時」という概念がないだけです。

学生の方に多いのですが、「楽で稼げる仕事以外はブラック」というような考え方を持っている人がいますが、そもそも楽して稼げる仕事なんてこの世に存在しません。

あるとすれば大体それは誰かを傷つけて儲けるというようなロクでもないお話なのでやめましょう。

パイロットだってサラリーマンだって料理人だって、職業ごとに内容は違えどみんな同じく悩み、苦しみ、疲労しています。仕事が大変だからブラックというのなら、世の中の仕事は全てブラックです(笑)

「この職業はブラックらしい」で判断するのではなく、「自分はこの職種で働きたい」という信念で選択するようにしましょう。

【告知】崇城大学を分析・紹介 入学説明会・オープンキャンパスについて

〜みんなのギモン12〜 なぜパイロット年収は高いのか

【告知】 PILOT専門進学塾で行われるイベント紹介

5/6(土)13時〜、5/21(日)13時〜 自社養成パイロット採用途中敗退者向け説明会

自社養成パイロット採用途中敗退者向け説明会では自社養成途中敗退者向けの進路相談と今後どのように対策していけば良いのかをパイロット養成の専門家が丁寧にご説明致します。

今後自社養成を受け続けるにはどうしたらいいのか、自社養成以外の道は何があるのか、今後もパイロットを目指し続けてもいいのか・・・etc

多くのお悩みがあることかと存じます。ぜひこの機会に専門家に相談してみませんか?

パイロット私大進路相談会では私大航空操縦進学を志望している方向けにパイロット入試の専門家が丁寧にご相談に応じます。(航大・自社養成志望者向け進路相談も受け付けております)

ここでしか得られない最新の入試情報、航空情報がございますので是非ご参加ください。

[イベント告知]5/6、5/21 自社養成途中敗退者向け説明会実施のお知らせ

6/17(土) 13時〜、6/18(日)13時〜  パイロット私大進路相談会

パイロット私大進路相談会では、私大操縦進学希望者向けにパイロット入試の専門家が丁寧にご相談に応じます。(航大や自社養成で途中敗退者された方のご相談にも応じます)

どんなパイロットになれる私大があるのか、私大操縦に進学するメリットとはなんなのか、自分にあった大学選びをしたい、そもそも私大操縦ってなんなのか。様々な疑問があると思います。

学校や、ほかスクールでは習うことがない、その答えを相談会内で伝授しますので、どうぞご参加くださいませ。

対象者は中学生以上です。私大操縦進学を検討されているご本人のみの参加若しくは、保護者様1名様までご同席可能ですが、保護者様だけのご参加はできません。必ずご本人様がお越しください。

[イベント告知]6/17私大パイロット進路相談会実施のお知らせ

PILOT専門進学塾 2023年度新規入塾者募集開始

JAMBOが運営するPILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーの2023年度新規入塾者の募集が開始されました。

PILOT専門進学塾では私大航空操縦・航空大学校受験対策、自社養成対策と有資格者転職対策といった多くのコースをご用意しております。

2023年度 新規入塾生募集開始!!

PILOT専門進学塾に入塾するためにはパイロット適性診断テストを受験していただく必要があります。

パイロット適性診断テスト特集

パイロット適性診断テストのご予約

パイロット適性診断テストのご予約は、パイロット相談室の「相談予約」にて承っております。

パイロット適性診断テスト特集

2023年度合格速報

2023年、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミー(PJ SFA)の私大パイロット養成コース(航空操縦)今年の合格者は・・・

  • 崇城大学5名(研究生-履修証明プログラム生-1名、パイロット特別選抜2名、一般選抜前期2名)
  • 第一工科大学2名(一般試験2名)
  • 東海大学1名(一般選抜)
    計8名合格

という結果でした!
またしてもPJ SFAの生徒は全員合格です!!(複数試験合格者含む)

皆さん本当によく頑張りました!

また、今年の崇城大学合格者の2名は未来人育成特待生制度「ミライクプレミアム」と「ミライク50」を勝ち取りました。昨年に続く快挙です!

ミライクプレミアムは入試の得点率と成績順位に応じて選考される特待生制度で、ミライクプレミアムを獲得しますと学費が全額免除となります。

また今年は、崇城大学の中でも自社養成訓練生並の実力がないと入学できないとされる研究生(履修証明プログラム生)の募集が2名あり、弊塾から1名がチャレンジし、見事合格しました!なお、もう一名の方は、PJ中部校に加盟している「飛鳥メディカルクリニック」福本先生の受検者様との情報が入っています。

ミライクや研究生に選ばれることは名誉なことでもあり、かつ、大変難しいことですが、生徒の並々ならぬ努力の結果、今年はPJ SFAから3名が合格をいただきました。

昨年は、私大受験生が多い年でしたので、計12名の合格。それに続いて、今年は8名となると、少し寂しい感じもしますが、そもそも入塾者数に波がありますので、むしろ来年受験生の方が多いため、今後にご期待頂けましたらと思います。私大のパイロット養成コース(航空操縦)は近年の受験者数増加により非常に難易度の高いものとなっていましたが、弊塾からの受験者数が少ないにも関わらず、これだけ多くの好成績を残せたのは、誠に素晴らしい結果と考えます。

生徒一人ひとりの努力が実ったこの結果に、PJ SFAスタッフ一同大いに感動しました。

合格されました皆さん、本当におめでとう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です