NHK連続テレビ小説「舞い上がれ!」感想ブログ 其の二

パイロット志望の皆さま、こんにちは!

JAMBOスタッフの伊藤です。

今回も連続テレビ小説「舞い上がれ!」の一週間分の感想を書いていきます。

今週の感想〜PILOT専門進学塾がある意味〜

前週では紆余曲折ありながらも同期と共にそれぞれの試練を乗り越えていった舞たちでした。

そんな中、最初は取っつきにくいと思っていた同期の柏木との恋に発展してしまいました。パイロット候補生も青年ですので恋愛もすれば結婚もします。

パイロットの恋愛についてはこちらにまとめているので、気になった人はチェックしてみてください。

パイロットと恋愛

プリソロチェックも急な横風というイレギュラーがあったものの舞と柏木は無事にクリア。しかし、仲間の1人(水島)は不合格になってしまいました。

水島の不合格について「努力してもパイロットになれない学生もいる」という台詞が多くのパイロット志望者の心に刺さったことでしょう。
航大や私大航空操縦に入ったからといって必ずパイロットになれる訳ではなく、こうして何人もFailしてパイロットの夢を諦めざるを得ない人は少なくない数いて、そしてこれを読んでいる方もその一人になってしまう可能性はあるのです。

ここで少しなぜ水島はFailしてしまったのか考えてみましょう。

見逃してしまった描写もあるかもしれませんが、私が気がついた水島の問題点は自分の間違いを認めたくないという誠実性の無い姿勢です。

不合格の原因として挙げられていましたが、聞き逃した無線を聞こえていたフリをしてしまっていましたね。

自分が間違えるということを極端に恐れるあまり、誠実性がない行動を無意識にしてしまっています。この傾向が見られたら万が一ミスせずにたまたま上手くいっていたとしても虚偽性があるとして不合格になっていたことでしょう。

舞は着陸動作が苦手で苦戦していました。技量が不十分な舞が合格した理由は正確な判断力を持っていたこととそうした性格的な問題が無かったからでしょう。

操縦技量は訓練機関で本人の努力次第で改善できる可能性が高いですが、性格(パイロット適性)はそう簡単には変えられません。

訓練機関は技量適性の向上については手厚く指導してくれますが、パイロット適性については問題点を指摘はしますが指導はあまりしてくれません。皆さまもお分かりの通り性格や癖といったものは1週間程度では治りません。パイロット適性が原因で不合格となってしまった場合、高い確率でFailとなってしまいます。

JAMBOが運営しているPILOT専門進学塾はこのような悲劇を回避するため、訓練機関に入る直前までパイロット適性を向上させるための徹底した専門指導を行なっています。

これが「PILOT専門進学塾に入塾したら100%パイロットになれる」といわれる所以です。

PILOT専門進学塾については以下の記事をご覧ください!

PILOT専門進学塾は、なぜ100%パイロットになれるのか?

体調を崩しながらも遂にファーストソロも成功させた舞。

今後の展開が楽しみです!!

NHK連続テレビ小説「舞い上がれ!」感想ブログ 其の三

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。