NHK連続テレビ小説「舞い上がれ!」感想ブログ 其の六

パイロット志望の皆さま、こんにちは!

JAMBOスタッフの伊藤です。

今回も連続テレビ小説「舞い上がれ!」の感想を書いていきます。

逆境との戦い

航空会社の内定を辞退してお母さんと一緒に工場の立て直しに奔走する舞。ネジのことも営業のことも全く知らない舞は必死で勉強しました。

しかしリーマン不況の真っ只中で仕事を取ってくるのは非常に難しく、お父さんが亡くなって社長が変わったことを口実に今まで取引してくれていた会社もなかなか仕事を回してくれず大変な期間が続きましたが舞とお母さんの誠実さと努力が実を結んで仕事を得ることができるようになってきました。

舞の努力が光るお話でしたが、だんだんと航空系からは離れてしまっているような・・・(苦笑)

内定辞退をしてしまった以上、再びパイロットの道に戻る展開になることはないとは思いますが、どんな形であれ航空系と関わりのある状態になってほしいです。(ぶっちゃけ、これ以上航空系から離れられると感想ブログが書きづらいので・・・笑)

このドラマを観ている人の中には女性でパイロットになりたいという方も多いと思います。
ドラマ本編ではパイロットになるという話からは遠ざかっていってしまっていますが、以前書いた女性がエアラインパイロットになる方法について詳しく説明した記事を貼っておきますので興味のある方はご一読ください。

女性がエアラインパイロットになる方法ついて徹底解説

 

NHK連続テレビ小説「舞い上がれ!」感想ブログ 其の七(執筆方針変更のお知らせ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。