社会人でも諦めないで

皆さんこんにちは!

JAMBO理事長・パイロット相談室相談員の冨村です!

遂に梅雨が明けましたね!

これから本格的に暑くなってきますので、くれぐれも体調にお気をつけください。

因みに、スイカに塩をかけて食べると、熱中症予防効果抜群だそうです!(塩のかけすぎによる、塩分過多に注意!)
先人の知恵は素晴らしいですね!

さて、ここ最近のパイロット相談室では、大学卒業後就職し、社会人になってから「パイロットになりたい」と、ご相談希望されてくる方が多くなったな、と思います。

そんな多くの相談者の方が、あまり可能性がないと考えていても、「最後に諦めるために背中を押して欲しい。」と思われているように感じます。

果たして、社会人からパイロットを目指すことは本当に無謀な事なのでしょうか?

パイロット適性診断テスト特集

社会人からパイロットを目指す事は無謀か?

社会人のパイロット志望者全員が抱いているであろうお悩みは、「今からパイロットを目指しても本当に大丈夫なのだろうか?」ということだと思います。

社会人であれば、ご自身の年齢の事も気になるでしょうし、何よりも今就いている職から離れるという生活と人生がかかってくる事ですから、学生のように将来の夢(職業)を考えるという事よりもずっと重みがある事は理解しております。

社会人になってからパイロットを目指す事が無謀かそうでないかと言うと、実際のところ、その人によります。

というのも、社会人と言っても、一括りにはできません。
現在に至るまで何処の学校に行って、なんの勉強をし、どういう活動をしてどのような経験を積み上げてきたかというのは、一人ひとり違っており、一概には言えないのです。

経歴や学歴、現在の状況は一人ひとり違いますが、パイロットになれる可能性を大きく分けるラインは確かに存在します。

それはエアライン入社試験時に、30歳以下であることです。

30歳を過ぎると、どんな素晴らしい経験を積んできたとしても、他エアライン(パイロットに限る。客室乗務員やグランドスタッフは含まない。)からの転職ではない限り、エアラインパイロットとして採用される可能性が一年毎に大きく下がっていきます。

パイロットを目指される殆どの方が無資格者だと思います。
後述しますが、自社養成でない限り、何らかの方法でフライト資格を取得する必要があり、資格取得には数年はかかると考えた方がいいです。

つまり、リスクが高い挑戦をしないためには、20代半ばあたりまでに動き始めておく必要があります。

社会人のパイロット志望者、オススメの道

社会人からパイロットを目指す方法でオススメの方法は、私立大学パイロット養成コースへの進学です。

多くの社会人パイロット志望者の方が目指しているのが自社養成ですが、自社養成は多くの方々が思われているよりもずっと競争倍率と難易度が高く、余程の天才でない限り、長年自社養成に向けて対策と訓練積んでこられなかった方が合格する確率は非常に低いです。

しかも、自社養成は一度不合格になると殆どの人は再チャレンジしても合格になることはありません。

これを知らず、毎年チャレンジをしてしまい、貴重な時間を失ってしまっている方が多くおられます。

ですから、社会人の方が自社養成一本に絞ってチャレンジする事は無謀であるとハッキリと言えます

他に国内フライトスクールや英語圏への航空留学でライセンスを取得するという方法もありますが、現状、エアラインパイロットを目指すのには多くの問題がありますので、オススメできません。

国内フライトスクールは、仕事をしながら免許取得ができるということで、現在の職を辞めて収入が途絶える心配が無いといわれますが、日本のエアラインを目指す訓練と勉強が、フルタイム勤務の片手間にできるとは到底思えません。
しかも、ライバルとなるのは一切勉強をしなくても何でも100点を取れてしまう天才か、日夜勉強・訓練漬けの航空大学校生や私大パイロット養成コースの学生ですから、尚更です。

航空留学は昔主流だった方法ですが、海外でフライト免許を取得しても帰国後に国内用免許に切り替えるために追加で試験や訓練が必要となり、非常にお金と時間がかかってしまいます。
更に致命的なのが、海外の訓練の質は日本のエアラインが求めているレベルからは程遠く、私大で訓練を受けてきたライバル達と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

既に社会人である方は、また大学に入りなおすというのがハードルが高いという事はよく理解できますが、上述した理由から、私立大学パイロット養成コースへの進学が社会人でパイロットを目指されている皆さまにとって、最短・最良の道だと私は考えています。

社会人だから、パイロットになれない・・・
なんて事はありません!!

もっと詳しく知りたい!という方は、お気軽に相談予約をください!

お待ちしています!

パイロット適性診断テスト特集

【告知】崇城大学を分析・紹介 入学説明会・オープンキャンパスについて

【告知】 PILOT専門進学塾で行われるイベント紹介

5/18(土) 14時〜  自社養成&私大操縦パイロット進路相談会

自社養成&私大操縦パイロット進路相談会は、自社養成志望者と私大操縦進学希望者向けにパイロット入試の専門家が丁寧にご相談に応じます。

自社養成・私大操縦の基本情報の説明だけでなく、自社養成のための進路相談やインターシップ相談、SPI対策相談など、自社養成に特化した個別相談と、私大操縦のための進路相談、面接対策相談、学科相談など、私大操縦進学に特化した個別相談を実施致します。

自社養成についての事前情報を持っているのとそうでないのでは、合格率に大きな違いがあります。現在、自社養成受験を考えている方は、是非ご参加下さい。私大操縦志望者の方も同じく、事前に確かな情報をゲットして、対策するようにしましょう。

当日は、現役パイロットが参加し、座談会形式で交流することができます。(20歳以上の参加者様のみ、同日19時頃から開催予定のパイロットを囲んでの懇親会にご参加いただけます)

自社養成、または私大操縦進学を検討されているご本人のみの参加若しくは、保護者様1名様までご同席可能ですが、保護者様だけのご参加はできません。必ずご本人様がお越しください。

自分の進路についてパイロットと一緒に考えてみよう! 5/18自社養成&私大操縦パイロット進路相談会

PILOT専門進学塾 2024年度新規入塾者募集開始

JAMBOが運営するPILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーの2024年度新規入塾者の募集が開始されました。

PILOT専門進学塾では私大航空操縦・航空大学校受験対策、自社養成対策と有資格者転職対策といった多くのコースをご用意しております。

[告知] PILOT専門進学塾 2024年度 新規入塾 募集開始します

PILOT専門進学塾に入塾するためにはパイロット適性診断テストを受験していただく必要があります。

パイロット適性診断テスト特集

パイロット適性診断テストのご予約

パイロット適性診断テストのご予約は、パイロット相談室の「相談予約」にて承っております。

パイロット適性診断テスト特集

2023年度合格速報

2023年、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミー(PJ SFA)の私大パイロット養成コース(航空操縦)今年の合格者は・・・

  • 崇城大学5名(研究生-履修証明プログラム生-1名、パイロット特別選抜2名、一般選抜前期2名)
  • 第一工科大学2名(一般試験2名)
  • 東海大学1名(一般選抜)
    計8名合格

という結果でした!
またしてもPJ SFAの生徒は全員合格です!!(複数試験合格者含む)

皆さん本当によく頑張りました!

また、今年の崇城大学合格者の2名は未来人育成特待生制度「ミライクプレミアム」と「ミライク50」を勝ち取りました。昨年に続く快挙です!

ミライクプレミアムは入試の得点率と成績順位に応じて選考される特待生制度で、ミライクプレミアムを獲得しますと学費が全額免除となります。

また今年は、崇城大学の中でも自社養成訓練生並の実力がないと入学できないとされる研究生(履修証明プログラム生)の募集が2名あり、弊塾から1名がチャレンジし、見事合格しました!なお、もう一名の方は、PJ中部校に加盟している「飛鳥メディカルクリニック」福本先生の受検者様との情報が入っています。

ミライクや研究生に選ばれることは名誉なことでもあり、かつ、大変難しいことですが、生徒の並々ならぬ努力の結果、今年はPJ SFAから3名が合格をいただきました。

昨年は、私大受験生が多い年でしたので、計12名の合格。それに続いて、今年は8名となると、少し寂しい感じもしますが、そもそも入塾者数に波がありますので、むしろ来年受験生の方が多いため、今後にご期待頂けましたらと思います。私大のパイロット養成コース(航空操縦)は近年の受験者数増加により非常に難易度の高いものとなっていましたが、弊塾からの受験者数が少ないにも関わらず、これだけ多くの好成績を残せたのは、誠に素晴らしい結果と考えます。

生徒一人ひとりの努力が実ったこの結果に、PJ SFAスタッフ一同大いに感動しました。

合格されました皆さん、本当におめでとう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です