〜あの日見た飛行機雲〜 国際線機長40年の想い 第七章 天候=未知との遭遇7−5

マイアミの朝霧

1983年4月某日、DC8-62操縦中の出来事です。

当時、成田=ロサンゼルス=(マイアミ)=サンパウロの南米線のお客様は、ロスでB747からDC8に乗り換えて途中の給油地マイアミを経由して行きました。

帰路のサンパウロ=マイアミは早朝に到着する時間帯でした。

この日は珍しくマイアミの天候が、朝霧でビロウミニマム(進入限界以下)で侵入出来ないという知らせがカンパニーレデイオ(会社の航務)から入ってきていました。

日が昇れば良くなるだろうと近づいて行きましたが、一向に回復しません。

空港上空には先着の3,4機が上空待機しています。

我々も場所と高度を管制からもらい、待機を始めました。

それから少ししてJALマイアミ支店の航務から、回復の見込みが少ないからタンパ空港(フロリダ中部、30分弱)へのダイバート(目的地変更)を勧められました。

普通ダイバートは支店も乗員も面倒な仕事が増えるため、なるべく避けたい気持ちが強いです。
ですから、支店側の方がぎりぎりまで上空待機を求めるケースが多かったように思います。

当時のマイアミの所長はJALの便で来た人でなくても、領事館の人に頼まれて日本から来た要人の面倒を見る人で、勿論仕事も良く出来る人でした。

彼が言うのだからとダイバートする方に傾きかけましたが、燃料も計算し直して「もう少し様子を見てみる」と告げました。

 周りのATC(航空管制)を聞きながら待機していると、PAA(パンアメリカン航空)が通常使うのと違う滑走路に進入し始めています。

「よし、我々も後に続いて行こう、一回試して駄目ならタンパだ」

どういう情報でPAAが違う滑走路に進入し始めたのか知りもしませんでしたが、結果は正解でギリギリで滑走路が見え、我々も着陸することができました。

推測ですが、PAAはマイアミが基地なので気象条件に明るく、経験や風向などから何本かある滑走路の中で「霧の薄い」滑走路方向を知っていたのでしょう。

ダイバートせずに済んだ理由はPAAのお陰ともう一つ、若いFEが気を利かせて電波高度計を細かく読んでくれたことです。

当時通常操作には決められてない事だったが、霧の中の着陸に非常に有効で助かりました。

彼はその後JALでFEという職種が無くなって行くときに、パイロットに移行して優秀な機長になっていきました。

この若いFEのように自分の任せられている仕事をこなしているだけではなく、周り全体を見てその時の状況に合った判断と行動ができる人がパイロットに向いている人だと思います。

【告知】崇城大学を分析・紹介 入学説明会・オープンキャンパスについて

【告知】 PILOT専門進学塾で行われるイベント紹介

5/18(土) 14時〜  自社養成&私大操縦パイロット進路相談会

自社養成&私大操縦パイロット進路相談会は、自社養成志望者と私大操縦進学希望者向けにパイロット入試の専門家が丁寧にご相談に応じます。

自社養成・私大操縦の基本情報の説明だけでなく、自社養成のための進路相談やインターシップ相談、SPI対策相談など、自社養成に特化した個別相談と、私大操縦のための進路相談、面接対策相談、学科相談など、私大操縦進学に特化した個別相談を実施致します。

自社養成についての事前情報を持っているのとそうでないのでは、合格率に大きな違いがあります。現在、自社養成受験を考えている方は、是非ご参加下さい。私大操縦志望者の方も同じく、事前に確かな情報をゲットして、対策するようにしましょう。

当日は、現役パイロットが参加し、座談会形式で交流することができます。(20歳以上の参加者様のみ、同日19時頃から開催予定のパイロットを囲んでの懇親会にご参加いただけます)

自社養成、または私大操縦進学を検討されているご本人のみの参加若しくは、保護者様1名様までご同席可能ですが、保護者様だけのご参加はできません。必ずご本人様がお越しください。

自分の進路についてパイロットと一緒に考えてみよう! 5/18自社養成&私大操縦パイロット進路相談会

PILOT専門進学塾 2024年度新規入塾者募集開始

JAMBOが運営するPILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーの2024年度新規入塾者の募集が開始されました。

PILOT専門進学塾では私大航空操縦・航空大学校受験対策、自社養成対策と有資格者転職対策といった多くのコースをご用意しております。

[告知] PILOT専門進学塾 2024年度 新規入塾 募集開始します

PILOT専門進学塾に入塾するためにはパイロット適性診断テストを受験していただく必要があります。

パイロット適性診断テスト特集

パイロット適性診断テストのご予約

パイロット適性診断テストのご予約は、パイロット相談室の「相談予約」にて承っております。

パイロット適性診断テスト特集

2023年度合格速報

2023年、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミー(PJ SFA)の私大パイロット養成コース(航空操縦)今年の合格者は・・・

  • 崇城大学5名(研究生-履修証明プログラム生-1名、パイロット特別選抜2名、一般選抜前期2名)
  • 第一工科大学2名(一般試験2名)
  • 東海大学1名(一般選抜)
    計8名合格

という結果でした!
またしてもPJ SFAの生徒は全員合格です!!(複数試験合格者含む)

皆さん本当によく頑張りました!

また、今年の崇城大学合格者の2名は未来人育成特待生制度「ミライクプレミアム」と「ミライク50」を勝ち取りました。昨年に続く快挙です!

ミライクプレミアムは入試の得点率と成績順位に応じて選考される特待生制度で、ミライクプレミアムを獲得しますと学費が全額免除となります。

また今年は、崇城大学の中でも自社養成訓練生並の実力がないと入学できないとされる研究生(履修証明プログラム生)の募集が2名あり、弊塾から1名がチャレンジし、見事合格しました!なお、もう一名の方は、PJ中部校に加盟している「飛鳥メディカルクリニック」福本先生の受検者様との情報が入っています。

ミライクや研究生に選ばれることは名誉なことでもあり、かつ、大変難しいことですが、生徒の並々ならぬ努力の結果、今年はPJ SFAから3名が合格をいただきました。

昨年は、私大受験生が多い年でしたので、計12名の合格。それに続いて、今年は8名となると、少し寂しい感じもしますが、そもそも入塾者数に波がありますので、むしろ来年受験生の方が多いため、今後にご期待頂けましたらと思います。私大のパイロット養成コース(航空操縦)は近年の受験者数増加により非常に難易度の高いものとなっていましたが、弊塾からの受験者数が少ないにも関わらず、これだけ多くの好成績を残せたのは、誠に素晴らしい結果と考えます。

生徒一人ひとりの努力が実ったこの結果に、PJ SFAスタッフ一同大いに感動しました。

合格されました皆さん、本当におめでとう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です