パイロットになる方法その5,防衛省・海上保安庁パイロット

5,防衛省・海上保安庁パイロット

  (難易度★★★★★ 費用★ 人気★)

パイロットになる方法で最後の「防衛省・海上保安庁のパイロット」だ。

あくまでもここでは、エアラインパイロットになるための話を中心に書いているため、ここでは、防衛省(つまり自衛隊)または海上保安庁のパイロットになった後に、民間航空会社(エアライン)に転職する方法について論じることとする。

この手法については、エアラインパイロットが大幅に不足した高度経済成長の時代に、多数行われていたものだが、昨今では、簡単に辞めて民間航空会社に移籍することは出来ない仕組みとなっている。

なぜならば、防衛省、つまり自衛隊のパイロットも、海上保安庁のパイロットも、どちらも国家公務員であるという事と、昨今の国際情勢の緊迫により、これまで以上に国防や海上警備任務の重要性が増してきているからだ。

エアラインパイロットの不足を補うことも大事だが、国民を守っている自衛隊や海上保安庁パイロットが、もし大量に辞めて民間に移ってしまったら、それはもっと大問題なのだ。

防衛省や海保からエアラインに転職は困難

退職した国家公務員には、「再就職先で2年間、国家公務員の時に取得した免許・技術・知識などを利用した同様の業務に就いてはいけない」、という暗黙のルールがあり、各航空会社も積極的に採用が出来ないようになっている。

ただし、このルールに該当しない形が「割愛制度」といって、これは防衛省と民間航空会社が特定の対象者(自衛隊パイロット)を定め、予め転職を認めたものである。ただし、割愛制度の対象者は通常、自衛隊での乗務対象から外れた40歳を超えるパイロットであるため、民間航空会社が欲しい若い人材ではなく、確実に転職できる保証はない。

結論だが、どうしてもエアラインパイロットになりたい、というのであれば、この「防衛省・海上保安庁パイロットになる」という方法はお勧めできない。

エアラインに限定しないならOK

パイロットになれるのなら、民間機でも自衛隊機でも関係ない、という方であれば、ぜひ防衛省も海上保安庁も、検討対象に加えていただきたい。

防衛省パイロットになるには、高校卒業後に航空学生として自衛隊に入隊するか、防衛大学校に進学する方法がある。海上保安庁パイロットになるには、高校卒業後に海上保安学校(航空課程)または海上保安大学校へ入学する方法だ。

余談にはなるが…毎年試験シーズンになると、自衛隊や海上保安庁パイロット志望者の方の相談を受ける。

いままで海上保安庁には4名の卒業生を出したが、うち2名が女性パイロットで、たまたま配属先が同じ基地だったようで、二人の名前を見たときはとても嬉しかった。ますますの活躍を期待したい。

【告知】 PILOT専門進学塾で行われるイベント紹介

2/26、3/12、3/21 パイロット私大進路相談会

パイロット私大進路相談会では私大航空操縦進学を志望している方向けにパイロット入試の専門家が丁寧にご相談に応じます。(航大・自社養成志望者向け進路相談も受け付けております)

ここでしか得られない最新の入試情報、航空情報がございますので是非ご参加ください。

[告知] パイロット私大進路相談会開催!!(航大・自社養成進路相談も可)2/26(日)、3/12(日)、3/21(火・祝)

PILOT専門進学塾 2023年度新規入塾者募集開始

JAMBOが運営するPILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーの2023年度新規入塾者の募集が開始されました。

PILOT専門進学塾では私大航空操縦・航空大学校受験対策、自社養成対策と有資格者転職対策といった多くのコースをご用意しております。

2023年度 新規入塾者募集開始!!

PILOT専門進学塾に入塾するためにはパイロット適性診断テストを受験していただく必要があります。

パイロット適性診断テスト特集

パイロット適性診断テストのご予約

パイロット適性診断テストのご予約は、パイロット相談室の「相談予約」にて承っております。

パイロット適性診断テスト特集

2022年度合格速報

2022年度、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミー(PJ SFA)の私大パイロット養成コース(航空操縦)今年の合格者は・・・

  • 崇城大学5名(パイロット特別選抜2名、一般選抜前期3名)
  • 第一工科大学9名(総合型選抜6名、公募制推薦1名、一般試験2名)
  • 法政大学1名(自己推薦)
    計15名、全員合格

という結果でした!
またしてもPJ SFAの生徒は全員合格です!!(複数試験合格者含む)

皆さん本当によく頑張りました!

また、今年の崇城大学合格者の2名は未来人育成特待生制度「ミライクプレミアム」を勝ち取りました。

ミライクプレミアムは入試の得点率と成績順位に応じて選考される特待生制度で、ミライクプレミアムを獲得しますと学費が全額免除となります。

ミライクプレミアムに選ばれることは大変難しいことですが、生徒の並々ならぬ努力の結果、今年はPJ SFAから2名も選考をいただけることとなりました。

そして何より、私大のパイロット養成コース(航空操縦)は近年の受験者数増加により非常に難易度の高いものとなっていましたが、12名全員合格は非常に素晴らしい結果です。

生徒一人ひとりの努力が実ったこの結果にPJ SFAスタッフ一同大いに感動しました。

合格された皆さん、本当におめでとう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。