大学生からパイロットを目指し始めることは遅すぎるのか

パイロット志望者の皆さまこんにちは!

JAMBO理事長・パイロット相談室相談員の冨村です。

先日、パイロット相談室にて大学生でパイロットを目指している学生さんのパイロット相談を担当しました。

とてもやる気に満ちていて、将来有望なパイロット候補生でした!

パイロットを目指すタイミング

パイロットを目指すタイミングは人それぞれです。

幼い頃にパイロットに憧れ、ずっと夢を追い続けている人もいるし、大学生になり卒業後の就職のことを具体的に考えてからパイロットになりたいと思った人もいます。

インターネット上でよく見かける書き込みの一つで「パイロットを目指すのは大学生では遅すぎる」ということがあります。
これは半分正解で、半分不正解。

確かに、パイロットを目指すのにあたっては様々な対策が必要ですのでスタートが遅くなればなるほど、中学生・高校生の時から準備を進めてきた人と比べて不利になってしまうことは事実です。(早い人は小学生から具体的な準備をされている方もいらっしゃいます。凄いですね・・・!)

また、エアラインの採用も各会社公には明記はしていませんが、ある年齢を超えてしまうと採用基準から外されてしまうということもあります。(詳しい年齢についてはここでは書けないので、知りたい人はパイロット相談の際に質問してくださいね!)

しかし、大学生の歳の範囲(20代前半〜20代中頃)の人ならば、いくらでもパイロットになれる道筋はあるのです。

ただここで注意が必要なのは、前述した通り、早いうちから対策を初めてきたライバル達と比べてスタートが遅れているため、専門家から指導を受け、そこで得た確かな情報を基に人一倍努力をしなければいけないという点です。

大学生からパイロットを目指される方はインターネット上に溢れている不正確な情報に惑わされたり、一般の大学生のように、のんびりして寄り道している時間はありません。

SONY DSC

大学生からのPILOT専門進学塾入塾者は多い

JAMBOが運営している、PILOT専門進学塾に入塾されている生徒さんで、高校既卒の大学生(浪人生も含む)の数は多く、人数的には全体の半分にもなります。

過去にも大学生になってから入塾された方は多く、その全員が見事パイロットになるという夢を叶えています。

大学生からのパイロット専門指導は非常に難しいことで有名ですが、経験豊富な教官陣と洗練されたシラバスを持っていることがPILOT専門進学塾の強みです。

また、パイロット相談室もPILOT専門進学塾で教鞭を執っている教官たちが相談員としてパイロット志望の皆様をサポートしています。

現在大学生でパイロットを目指されているそこのアナタ!

決して遅すぎるということは無いので、色々と悩む前にパイロット相談室の門を叩いてください!

お気に入りに追加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)