初めての方へ

シアトルフライトアカデミーごあんない

初めての方へ(大学生・その他)

PILOT専門進学塾 by SFA から大学生・その他の方たちへ

大学生(短大・大学院含む)のアナタは、ある意味一番パイロットになるための進路の悩みが多いと言えます。なぜならば、パイロットになるルートが有りすぎて、またどれを選んでも努力を多くしなければならないからです。

またその道を進んでいても、理不尽なことでルートを変更しなければならなくなります。

過去の例では大学生から目指す方が実は、パイロットになるまでの時間が一番かかります。

いずれのルートに進むにせよ、今アナタが本気でパイロットを目指すのなら、生まれ変わるくらい努力をしなければなりません。ただし、努力する内容はどれに進んでも同じ、つまりPILOT専門進学塾 bySFAで教えていることそのものが、どのルートの試験にも出題されます!

まずはPILOT専門進学塾 bySFAの門を叩いてください。

「頑張れ!飛ぶことを諦めるな!」

 

 

理事長ごあいさつ

イメージ 

このページをご覧になられている方は、高校卒業後に私大操縦コース以外の大学や短大などに進学、又は社会人になるかと思います。

大学卒業(卒業見込み)の方であれば自社養成と航空大学校、短大の方や高等専門学校の方は航空大学校をそれぞれ目指されていらっしゃるはずです。

自社養成と航空大学校のメリットは、パイロットとして採用されるまでの費用が安く済むことですが、その分人気が集中しがちで、厳しい選抜試験が課せられることがデメリットになります。

はっきり申し上げますが、自社養成や航大を目指すのは、宝くじを買うようなものです。

PJやSFAからそれぞれ合格者も出ていますし、ネット上にはPJやSFA以外でも合格者の話がたくさん出てくると思います。しかしその裏側で、その何十倍〜何百倍もの不合格者がいるのも事実です。不合格者の話はなかなか出てきませんし、出てきても間違った情報が多いです。(特に身体関連)

特に厳しいのが航空身体検査で、本来であればエアラインパイロットに必要な身体要件をクリア出来る方であっても、試験の総合評価(心技体)において身体不合格とされることもあります。つまり、準備も対策も出来ないことだってあるのです。

また自社養成では全ての面がバランス良く整っていなければなりません。例えば理系文系に偏りがあってはなりません。(ただし学歴では評価していない)

それだけ自社養成と航空大学校進学は厳しい選抜試験なのです。理不尽なことはたくさんあります。

どうしてもパイロットになりたいのならば、自社養成と航空大学校はもちろんのこと、免許を自費取得するなど、多角的にアプローチをすべきです。

まずはPILOT専門進学塾 by SFAにてパイキャリセミナーやパイロット適性診断テストを受講してください!お待ちしています。

PJ SFAの最新情報は、PILOT専門進学塾公式ブログにて配信中です。こちらをご確認ください。

日本エアマンシップ・操縦士養成機構
PILOT専門進学塾
シアトルフライトアカデミー
理事長 富村 英朗

 

パイロットになりたい!でもどうしたらいいの?

『あー飛行機っていいなぁ!』
『あんな大きな飛行機を操縦するパイロットってかっこいいな〜!』
『見たこともない世界中のいろいろな景色を見られるんだろうな〜!』
『パイロットになりたいな〜!!』

 

空を見上げる高校生

 

『でも、パイロットになるにはどうしたらいいんだろう?』『お母さんから「頭も良くて視力とかも良くないといけないからムリ!」って言われた。』『これから勉強は頑張るから、パイロットになれないかな・・・』『でも、パイロットの人はどうやってパイロットになったんだろう・・・』『どんな勉強すればいいんだろう・・・』『視力ってどのくらい必要なんだろう・・・』『お母さんはムリっていうけど、本当はどうなんだろう・・・』

アナタの疑問に全てお答え致しましょう!それがシアトルフライトアカデミーです。

 

空を見上げる高校生3人 

日本の航空業界は今、大きく変化しようとしています。

2010年と2030年比較で、世界でおよそ2倍、そして日本を含むアジア太平洋地域では4.5倍のパイロットが必要といわれており、日本でもパイロット不足が日に日に深刻になってきています。

日本のパイロット養成はもはや需要を賄うことが出来ず、国をあげて一致団結し、パイロット養成の現場を盛り上げ、航空業界を支えていかなければ、国益にも影響が出る状態となりました。

パイロット不足の今、パイロット養成の状況は刻々と変化をしてきています。

パイロットになるために、いまアナタが何を努力しなければいけないのか。

それはパイロット養成の専門家による正しい情報と、正しい教育を受けることに他なりません。

インターネットの情報、学校での進路指導など、中には間違っているものが含まれていることが多く、結果的に誤った選択をしてしまいパイロットを諦めざるを得なくなったケースも何度も見てきています。

常に業界内の最新の情報や動向をチェックして、都度、正しい選択をしていくことがどれだけ重要か。

ぜひよく考えていただきたいと思います!

PJ SFAの最新情報は、PILOT専門進学塾公式ブログにて配信中です。こちらをご確認ください。

 

 


[tpl_newstudent 910]

現役エアラインパイロット訓練生(卒業生)インタビュー

SFA学科生 Cさん

今年自社養成と航空大学校を受験します。パイロットには高校生の頃からなりたいと思っており、一生懸命勉強を頑張って○○大学に進学出来ましたが、お恥ずかしい話、大学受験を終わってからサークルやアルバイトを楽しんでしまい、だいぶ学力も下がってしまいました。教官やSFAの先輩にもアドバイスを頂き、理数系の科目も基礎からやり直し、そして英語も好きになることから始めました。TOEIC の点数を300点上げようと思っていますが、半年で155点上がりましたので、いい調子です。1年足らずで350点も上げた先輩のご指導も大変役立ちました。今一番楽しいクラスは時事英語です。パイロットの方が直接教えて下さること、特に、英語だけではなく、採用試験にも出てくる時事問題や航空問題が同時に学べることは凄いことだと思います。これからも努力を惜しまず、ますます教官に期待していただけるよう頑張ります。

インタビュー一覧はこちら

 

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top