初めての方へ(免許取得・実機訓練ご希望の方)

シアトルフライトアカデミー(SFA)から免許取得・実機訓練ご希望の方へ

プロパイロットを目指すということは、簡単なことではありません。
特に、自費で免許を取得し、自力で航空会社の有資格者採用試験を受験していくのは至難の業と言えるでしょう。
実際、免許を取り終えているのにも関わらず未だ航空会社に採用されていないパイロットが多数いるのが現実です。

同額の訓練費を払うのならば、少しでも日本の航空会社に直結の訓練を受けたい!
誰もがそう考えるのではないでしょうか?

ここSFAには日本のエアライン直結の免許取得コースが存在します。
ANAやJALにも採用実績のあるコースです。(2016年に2名)

また取得費用が割安な海外でエアラインパイロットを目指したい方も増えています。
就職先を日本の会社に限定しないのであれば、航空留学もまた選択肢です。
ただし、日本人を採用している体制が整った国でないと訓練費が無駄になります。

SFAから世界のエアライン直結の免許取得を実現しましょう!

理事長ごあいさつ

イメージ

SFAがスタートした2008年以降一番の悩みだったのが「日本のエアラインが採用時に求めるレベルで適切に実機訓練を施している訓練所がどれだけ少ないか」という点でした。

民間の訓練所出身のパイロットが路線デビューを果たすようになったのがおよそ20年ほど前のこと。

航空留学がブームとなり、同じ道を辿ろうとする多くの志望者達で溢れた時代もありました。

しかしながら、エアラインが有資格者採用に求める人材レベル(人間性と技量)は、自社養成採用での基準と大して変わらず、結果的に多くのパイロットが採用されず路頭に迷うことになったのです。

SFAの前身であるTED WINGS CLUBの時もそうでしたが、SFA教官達は、民間訓練所出身者の訓練を担当すると「仕上がりの甘さ」にいつも頭を悩ませていました。特に航空留学帰りのパイロットの質は酷いものでした。

SFAが始まり数年が経過し、多くの学生が航空留学に出発し、最終的にJCAB免許取得のための訓練所が必要となりました。日本中の訓練所を回りましたが、日本のエアライン採用レベルを熟知し、厳しく指導している訓練所を探すことは困難を極めました。

ところが2013年になって状況が一変しました。

このページにも詳しく記述のある崇城大学が、独自で教官・機材を調達し、航空機使用事業の免許を取得されたのです。これはいままでの私大(操縦)の常識では考えられなかった快挙でした。

しかも訓練内容は日本の大手航空会社のものをベースとしており、教官もまた大手航空会社出身者が多くを占めていました。

話が長くなりましたが、このページをご覧になられたパイロット志望者の方は、ほんとうに恵まれていると思います。

SFAの教官一同が崇城大学での訓練を目のあたりにした瞬間、いままでのパズルが完成したような感動を味わったのですが、今度はみなさんがその感動を享受する番です。

最後に一言申し上げるとすると、「どんなに優れた教育機関であっても、訓練生の質が最後の結果を左右する」ということを忘れないでいただきたい。

どの道に進んだとしても、エアラインパイロットになるということは簡単なことではありません。

身勝手な理屈は通用しません。

全て自分自身の心の持ち方ひとつで、進路が開けていくんだ、ということを忘れず精進を続けてください。

日本エアマンシップ・操縦士養成機構
シアトルフライトアカデミー
理事長 富村 英朗

君も一緒にパイロットへの一歩踏み出してみない?

こうして航空留学は過去のものになった・・・

SFAの航空留学科は現在在籍者ゼロです。なぜならば2014年から、航空留学より安く国内のみで免許取得が可能となり、その方法を利用してJALやANAに内定したからです。

この方法はそれだけ画期的なもので、それまで航空留学一辺倒であったものが完全に覆ってしまいました。

航空留学はSFA内ではもう死語となっています。

2013年以前から既に航空留学を始めてしまった方には申し訳なく思います。

でもこれがこの世界の常識です。パイロット不足を解消すべく、パイロット養成について世界が大きく変わろうとしているのです。

いままでの常識はこれからは通用しません。また日本独特の考え方も、積極的に変えていかなければならない時代になったのです。

免許を取得するということは、その免許を手に世界を渡り歩いて商売するわけですから、こうした状況(常識)の変化にも対応できる力を持たなければなりません。

アナタはそれでも航空留学しますか?

なぜ航空留学をするのかご存じですか? 国内より海外訓練のほうが単価が安いため、国内のみで訓練するより総訓練費用が安くなるからです。しかし代償として、以下のデメリットがあります。

JCAB(日本)免許が一発で取得できない…

つまり…国家試験や技量チェックを約2倍も受験しなければならない…

すると…試験に不合格になる確率が高くなり、訓練時間も延び想定外の訓練費もかかる…

そもそも諸外国での訓練は、訓練当初から大型機を意識させて訓練を行う日本流と比べてはるかにレベルが低く、帰国後の訓練で苦労することが多いと言われています。

もし航空留学より安くJCAB免許が一発で取れるようになったら…
「アナタはそれでも航空留学しますか??」

航空留学より価値のある崇城研究生について

崇城大学のパイロットコース(工学部宇宙航空システム工学科航空操縦学専攻)は、日本の私立大学で唯一、フライト教官も訓練機材も他所に委託せず100%自前で訓練実施している大学です。

大手航空会社の基礎課程訓練シラバスを元に、大手航空会社で大型機を飛ばしてきた機長経験者によって独自の訓練が行われています。

つまり日本のエアラインが求める日本流のパイロットが育ちやすい環境がここにある!ということが言えます。

崇城大学では、在学4年間に学士卒の資格とエアライン採用時に必要な日本国の飛行免許(事業用多発計器)を取得できる本科生だけではなく、既に他大学を卒業・卒業見込みの方を対象に、2年間で飛行免許(事業用・多発・計器)のみを取得できる研究生制度を設けています。

研究生制度は2014年度入学から始まり、SFAからは既に8名が入学しており、うち3名が訓練課程を終えてJAL、ANAウィングス、エアドゥに採用されました。また3名の同期はANAに採用されています。(2016年5月の時点)

従来の「航空留学〜帰国して書換+追加訓練」と比較して、採用されるまでの総額(生活費なども含めて)が安くなるだけでなく、日本のエアライン直結のパイロットが巣立ちやすい訓練環境というメリットや、航空留学特有の環境変化が大きく難関が何度もあるというデメリットから解放されます。

日本のエアラインを目指すのなら、これ以外に良い条件はありますか?

SFAを運営する一般社団法人日本エアマンシップ・操縦士養成機構は、崇城大学(学校法人君が淵学園)と航空人育成に関する協力協定を締結しております。
SFAでは崇城大学から教授や教官など先生方をお招きして出張講演会を実施しているほか、SFAの教官も崇城大学にて顧問に就任しています。

そういった人材交流がさかんであることから、より身近なSFA学生、SFA訓練生をたいへん高く評価を頂いており、積極的にSFAから訓練生を採用頂いております。

研究生枠は毎年若干名のため高倍率による選抜試験が行われますので、SFAからの推薦を上手に使って選抜試験を受験ください。

既に途中まで訓練を終えてしまった方へのアドバイス

崇城研究生の話を聞いて「もっと早くに聞いておけば良かった!」と後悔される方が後を絶ちません。

特に、航空留学をほとんど終えてしまってからでは、その時点までの訓練総額はかなりの額となります。

どうかご安心ください。今からでも遅くありません!

そういった方のために、SFAでは計器飛行証明(多発)の訓練課程のみ、実機訓練生を募集しています。

実機訓練はSFA(正確に言うとSFA運営母体の一般社団法人日本エアマンシップ・操縦士養成機構)の準会員の希望者を対象に、熊本空港をベースに約半年間、B58またはG58を使用して行われます。訓練所と訓練機材は崇城大学のご協力をいただき行われますので、環境は万全です。

詳しくは準会員を対象に進路相談を実施しておりますので、そちらを受講ください。

海外のエアラインで働きたい!

ちなみに、、、

最初から日本の航空会社の採用を目指すのではなく、

海外のエアラインで経験を積みたい!

海外で働きたい!

と思われている方にとっては、航空留学は今でも主流です。

海外での就職は、日本でパイロットになるよりも、遙かに難しい道のりでしょう。

国籍の問題、就労ビザの問題、コミュニケーションの問題などなど・・・

しかし、先述のとおり、常識は刻々と変わってきています。

どうしても海外でパイロットになりたい方には、日本国内の訓練よりも、航空留学がお勧めな場合もあります。
その際は、希望渡航先なども考慮し、エアラインにも直結した、適切な学校をご紹介いたします。以下GRCCは、そのほんの一例です。

航空留学先① GRCC(アメリカ・シアトル)

GRCC(Green River Community College)は、アメリカシアトル近郊にあるSFAの提携訓練校です。

SFAの航空留学科では、最終目標を「立派なエアラインパイロットになること」に定めており、免許取得や航空留学はその一部過程です。エアラインの操縦技法に通用できるフライトトレーニングを実施できる訓練校はたいへん限られており、GRCCはそのうちの1校です。

GRCCでは、デルタ航空やアラスカ航空出身の機長経験者である教官が教えているほか、SFAの教官が、日本のエアラインの操縦技法を伝達するためにGRCCを定期的に訪問しているため、小型機の訓練課程でも大型機に対応できる実力や考え方を身につけることができます。


訓練風景


提携校のGRCC(Green River Community College)は、アメリカ・シアトルのダウンタウンから南へ50キロ、車で45分ほどのオーバーン市にある州立大学です。森に囲まれた静かなメインキャンパスと、隣町のケントステーションにある便利で賑やかなキャンパスがあります。

シアトルの南側には、シアトルタコマ国際空港のほか、海や森や湖に囲まれた静かな住宅街が続きます。フライト訓練に集中するには最高の環境で、留学帰りの学生からも好評を頂いています。GRCCの学生は1万人、うち10%が世界中から集まった留学生で構成されています。日本人学生はおよそ100名ほどで、特にパイロットコースを受講する日本人は少数です。大勢の留学生アドバイザーの手厚いケアにより、GRCCは世界中の留学生に大人気です。パイロットコースのあるAviation Program の教官陣もたいへん優秀です。アラスカ航空やデルタ航空などの大型機経験者が教官を務めるほか、GRCCの管制コースは、FAA・アメリカ連邦航空局の指定養成施設となっています。

訓練教材も充実し、GRCCを卒業した多くの学生がパイロットとして世界中を飛んでいます。もちろん日本人も例外ではありません。GRCC卒業後は在留資格などを取得しながら、各エアラインの採用試験を受験していくことになりますが、ここが難しいポイントです。ただ、GRCC卒業後に、ホライゾン航空の機長にまでなった女性パイロットもおりますし、SFAからGRCCを卒業し、ハワイでプロパイロットとして就職している女性もおります。

訓練費用を貯めるため、まずは仕事がしたい!

訓練費用を貯金すべく、パイロットだけではなく他業種の採用を検討している方にも朗報です。

SFAと提携を結んでいるGLOBAL PARTNERS株式会社は、パイロットなど優秀な方のための就職サポート会社で、優秀なSFAの学生向けに、国内・海外の大手企業をご紹介致します。

航空会社だけでは、比較的貯金を貯めやすい商社なども揃えています。

またこの紹介制度はパイロットのキャリア形成のサポートを継続的に行います。

長いパイロット人生ですから、その途中に何らかの理由によって別の会社に移籍する可能性は極めて高いのが現状です。

例えば医者やプロスポーツの選手などと同様、高収入が期待できるパイロットですからなおさら、自分で交渉するのではなくキャリアプランナーを通じて会社と雇用契約を結ぶことで、経験や年齢に相応しいより良い待遇を得ることが可能です。

GLOBAL PARTNERS株式会社は国内に限らず、ご希望に応じて海外のエアライン就職先もお探しいたします。大学卒業後も半永久的にパイロット人生をサポートさせていただきます。

業務未経験者エアラインパイロット(有資格者向け)

シミュレーターのご紹介

B737 シミュレーター(FTD)

B737-800を模擬したFTDです。離着陸訓練が十分可能な性能を持つだけでなく、オートパイロットやCDUも実機の様に作動します。実機の諸元を忠実に再現しており、実機を飛ばしている機長からお墨付きが出ています。 
機種名 採用試験使用機材 備考
B737-800SFP(JAL TYPE) JAL, J-AIR, SKY, SNA, JJP, SJO SFP= Short Field Performance
B737-700(ANA TYPE) ANA, ANA wings, SFJ A320 対策にも使用
B737-400 JTA, SNA アナログ計器表示可能

小型FTD(G1000搭載)

Cessna172SとBaronG58(双発機)のコックピット(G1000搭載)を模擬しています。JCABとFAA認定可能な機種となっており、JCAB認定を取得準備中です。舵圧などリアリティは格段に向上。各大学や訓練機関にて使用されているタイプと同型です。 
機種名 採用試験使用機材 備考
Cessna 172S 私大操縦コース適性検査 私大操縦コースプレ訓練 初級訓練機です。 適性対策やプレ訓練で使用。 技量維持にもご利用いただけます
Baron G58 SNA, ADO, ANA 系子会社

小型簡易FTD

BonanzaA36とBaronB58とKingairB200のFTD(アナログ計器)です。元々JCABの認定を取得してた機種ですが、現在は小型化し持ち運びができるようになっています。体験操縦イベントなどへ貸出も行いますのでお気軽にお問合せください。また下の画像は適性検査WOMBATを模擬している様子です。舵圧などリアリティは認定時のままです。 
機種名 採用試験使用機材 備考
Bonanza A36 航空大学校入学試験 東海大操縦入試 JAL,ANA自社養成 初級訓練機です WOMBATなど 適性対策が可能
Baron B58 SKY, SNA, ANA 系子会社
Kingair B200 ANA, ANA 系子会社など 海上保安庁 ANK 自社養成

留学前訓練

イメージ SFAの航空留学科では、GRCCでの実機訓練の前に、シミュレーター(FTD)による留学前訓練実施しています。最終目標は「立派なエアラインパイロットになること」ですから、エアラインで使われている大型機を見据えた基礎固めはとても重要なことです。これはJAL やANA の自社養成パイロットの基礎訓練課程と同様の教育方法になります。

留学前訓練 カリキュラム

使用機材:A36 Bonanza <所要期間1カ月~3カ月>

適性習得(3時間)、エアーワーク(3時間)、タッチアンドゴー(4時間)、復習(1時間)、計器飛行エアーワーク(2時間)、タッチアンドゴー(1時間)、計器飛行VOR(3時間)、計器飛行VORILS(3時間)、VOR復習(1時間)、ILS復習(1時間)、エアーワーク・タッチアンドゴー・ゴーアラウンド(1時間)、チェックフライト(2時間)
  • QR
  • PC・スマホ予約
  • 予約方法

Brush Up 訓練

イメージ A制度採用試験を控えた学生や、留学から帰国後の学生で、癖が付いていたり、操縦技法が定着していない学生に対して実施している訓練です。

Brush Up 訓練 カリキュラム

使用機材:Kingair B200 <所要期間1カ月~2カ月>

初回技量確認(1時間)、エアーワーク(2時間)、レーダーベクターILS(1時間)、VOR(1時間)、VORILS(2時間)、タッチアンドゴー(3時間)、チェックフライト(1時間)、JET 移行訓練B737-800 使用(1時間)
  • QR
  • PC・スマホ予約
  • 予約方法

JET 移行訓練

イメージ B737 などジェット機やグラスコックピット機を使用したA・B制度採用試験を控えた学生が、スピードや重量感に慣れるための訓練です。

JET 移行訓練 カリキュラム

使用機材:B737-800 <所要期間最短4日間>

(1日目)技量チェック737(Brush Up 最終訓練受講者は省略) 内容:エアーワーク、レーダーベクターILS、タッチアンドゴー、ILSorVFRトラフィックパターン (2~4日目)JET移行訓練 内容:レーダーベクターILSタッチアンドゴー または VFRトラフィックパターン
  • QR
  • PC・スマホ予約
  • 予約方法

採用試験前訓練

イメージ SFAでは、A制度採用試験に臨むライセンシーを対象に、試験内容に沿って、エアラインの採用試験官の目線に立ち指導を行っています。日本のエアラインに通用する操縦テクニックやフライトの丁寧な組み立て方などなど、採用試験にてチェック対象となりうる項目を細かくチェックし、複数のベテラン教官の目から公平かつ幅広い視点で指導を行います。合格する学生の傾向は決まっており、SFAの教官に素直についてくる学生は必ず合格を勝ち取ります。逆に合格まで時間を要する学生は、教官の教えを受け止めず、出回っている情報に踊らされていることがほとんどです。一生を左右する試験ですから、通常のチェックフライトとは違い、時間に余裕をもって、じっくりと向き合い定着させることが大切です。
訓練使用機材は、Bonanza A36、Baron B58、Kingair B200、B737-400、B737-800 があります。 DHC-8-Q400 の採用試験対策にはKingair やB737-800 を、A320 やE170 などJET 機にはB737-800 を代用します。
  • QR
  • PC・スマホ予約
  • 予約方法

シミュレーター訓練料金のご案内

FTD利用料別途消費税をお支払ください

1回分の利用料 ¥9,000
備考自習訓練120分✕1回(日)分

3回分の利用料1回分無料! ¥18,000
備考自習訓練120分✕3回(日)分 ※30日で失効

30日間無制限かなりお得! ¥60,000
備考自習訓練120分×30日以内無制限 (SFA営業時間外を除く) ※30日で失効 1日最大180分までご利用可能

オブザーブ向け 利用料 無料
備考オブザーブさま向け無料は機器に一切触れないことが条件です
教官指導オプション(別途FTD利用料が必要)
教官指導(訓練 or 座学向け) ※OBSさまもご同席される場合は、 別途指導料金をいただきます。 個人指導 / ¥16,000 2名 / ¥14,000 3名 / ¥12,000 4名以上 / ¥10,000
備考座学+訓練指導+評価で、計180分程度かかります

教官指導(適性検査向け) ※OBSさまもご同席される場合は、 別途指導料金をいただきます。 1名 / ¥12,000 (個人 or グループ指導)
備考座学+訓練指導+評価で、計180分程度かかります

※フライト自習(FTD利用料のみ支払)の方は、FTD立ち上げまでのサポートです。

会費について

シアトルフライトアカデミーはJAMBO(一般社団法人日本エアマンシップ・操縦士養成機構)によって運営されております。 SFAにてFTDをご利用される方は、JAMBOへご入会(ご入会条件等はご予約の際にお問い合わせください)いただくか、1日ビジター料金(¥3000+消費税)をお支払いただくことで、入会することなくFTDをご利用いただけます。

JAL  FFS操縦体験

イメージ SFAでは、JALCAEと直接契約し、羽田空港にあるJALの乗員訓練所にて、FFS(フルフライトシミュレーター)の操縦体験、およびライセンシーの方にとって魅力的な「現役機長による安全講話」を、毎月若干名募集しています。SFAの学生で希望する方は学生課までお問い合わせください。
  • QR
  • PC・スマホ予約
  • 予約方法

無料配信!航空人LINE@ごあんない

動画でみるSFA学校案内

学生に聞いたSFAの良いところ悪いところ 卒業生にインタビュー

SFAクラブ生 A制度採用奮闘中 Dさん

現在日本の事業用多発計器取得の実機訓練中です。僕がSFA で学んだ事は技術だけでなくパイロットとしての心構えとか厳しさとか精神的な部分が大きかったです。これから訓練はどんどん難しくなるし、厳しくなっていきます。失敗の連続かもしれませんが今はそんな困難にも立ち向かう勇気と自信があります。自分に限界はつくりたくありません。教官方に教わったように「1°, 1 ft, 1 kt」にこだわっていきたいと思います。また、一人で突っ走らず、訓練に付いて来られない仲間を引き上げたり、教えてもらったりできるような人間関係作り、リーダーシップも心がけていきたいと思っています。

インタビュー一覧はこちら

よくある質問

崇城大学とはどのような関係ですか?

 崇城大学は熊本県にある、国内で唯一、実機訓練を学校が保有する教官人材と訓練機体で実施している私立大学です。

 ※ほか大学は訓練を他校に委託(または部分委託)

 SFAでは設立時より、国内で実機訓練を行う優秀な学校を提携先として探してきていましたが、2013年より崇城大学が自前で実機訓練を始めたことを契機に、崇城大学における乗員養成の内容をじっくり見てまいりました。

 崇城大学における訓練内容、機材、訓練施設、何より中山理事長を初めとする大学側スタッフ全体が寄せる乗員養成に対する熱い想いを十分感じることが出来ましたので、SFA教官総一致により、SFA学生を安心してお預けし一緒に養成していくことを前提として、2014年12月2日、崇城大学と社団法人日本エアマンシップ・操縦士養成機構(SFAの運営会社)は、航空人材養成に関する協力協定を取り交わしました。

 協力協定関係ですので、今後も協定締結以前と変わらず、崇城大学に対しても、ほか大学に対しても、外部組織として独立した活動を実施して参る所存です。

 従いまして、崇城大学への進学をお勧めすることはあっても、進学先を限定した指導は実施いたしません。正しい進路とは、我々教官が選ぶものでもなく、ましてやご両親が強制するものでもなく、大切なのは学生ご自身が自らの意思で選ぶことが大切です。この原則は変わりません。

※2017年2月現在、崇城大学への進学者がたいへん増えておりますが、これは学生達が自ら興味のある全ての大学を見学し、最終的に選んだ進路です。実際、滑り止めで他校を受験している学生もおりますし、崇城大学を辞退し他校へ進学した学生もおります。


シアトルフライトアカデミーは専門学校ですか?

 シアトルフライトアカデミーは、「エアラインパイロット養成所」です。パイロットを目指す学生が通う「大学進学予備校」としての役割も兼ねています。

 他の職業と違い、エアラインパイロットは一人にかかる責任が何百倍も重い職業です。フライト中、仮に想定外の一大事が起ころうとも、乗客や財産を安全に目的地まで運ばなければなりません。そんな安全運航を担うパイロットになることを念頭に、基礎的な人間道徳、総合的な知識や技量と考える力などが身体化されるまで、長期に渡りトータル教育する必要があります。


SFAでかかる費用はどのくらいですか?

 SFAの学費ということですが、選択制になっており、無駄なクラスを受講する必要はありませんので、現在の貴方の実力次第で学費が変わるということになります。

 従いまして、学費がいくらくらいかかるのかを知るためには、まずはじめに「パイロット適性診断テスト」を受講いただき、受講日のうちに結果をお伝えし、詳しい進路相談を実施します。その際にどの程度の授業料がかかるかお伝えできます。

 まずは「パイロット適性診断テスト」にお越しいただき、パイロットを本気で目指すべきか(SFAに通ってもいいかどうか)を見極めてください。

 「パイロット適性診断テスト」を受験したからといって受講を強要したり、セールスの電話をかけるなど一切致しませんし、受講される場合でも、ご予算やお時間に合わせて受講いただけますのでご安心いただけます。


いつから通えばいいですか?

 コースによって異なりますが、より早い方が合格を勝ち取る可能性が高いことが立証されています。なぜならば、パイロットの採用試験はたいへん厳しく、外見を飾っても一発で見抜かれてしまうからです。コアとなる部分を強いものにするためには、人生観をも見つめ直さなければならないのです。

 例えば2015年のJALパイロットインターンシップでファイナルステージまで終えて自社養成採用試験の4次に進んだ3名は全員2年以上SFAに在籍しています。

 エアラインパイロットになるまでのトータルの学費を下げるためにも、また少しでも早く社会人デビューして所得を得るためにも、各個人の能力や予算に相応しい「正しい進路選択」が重要になってきます。残念ながらSFAにお見えになる学生様の殆どが「もっと早くSFA来ていたらよかった…」と後悔なさっています。


進路相談・授業見学を予約しよう SFA入学試験・一日機長セミナー

つぶやき from SFA 教官- SFA学生へ -

学校教職員のみなさまへ パイロットを目指す学生への進路指導ありがとうございます!  正しいご指導へご活用ください!パイロットキャリアセミナーはこちら

クラス・訓練予約

  • PC・スマホ予約はコチラ
  • 予約方法はこちら

QR

スマートフォン・モバイルでもSFAをご覧いただけます。