パイロット適性診断テスト

パイロット適性診断テストを受験しよう!

パイロット適性診断テストとは

SFA東京駒込校(現在のPILOT専門進学塾東京駒込校)が開校して以来8年間もの間、延べ300名を超えるパイロット志望者が受験してきたテストです。

当初はSFA入学試験として実施してきましたが、今まで受験者のデータを解析し、受験時の成績によりパイロット採用の合否判定に有用であることが確認されたため、現在の適性診断テストという形に生まれ変わっています。

内容は学科試験に留まらず、20以上の質問項目から成る面接試験(人物評価テスト)や、技量適性検査も含まれており、まるで本物のパイロット採用試験と同じ様です。

腕試しとしても、合否判定としても、体験受験としても、パイロットを目指す方はぜひ一度受験してみてください!

ホームページには載っていない情報が満載!ぜひご参加ください!

『正しい情報は確かに必要なんだけど、本当にPILOT専門進学塾の情報は正しいの?』『インターネットやSNS、それからパイロットを目指す仲間からも、いろいろな情報が入ってくるんだけど、果たして何が正しいのか分からないよ・・・』

いまの時代、情報が溢れすぎていて仰るとおり何が正しいのか判りにくくなってきています。
我々専門家がネットを見る限りでは、およそ半分の情報が間違っているか時代遅れな情報です。

こんな時代だからこそ正しい情報源を持つことが大切です。
匿名のインターネットでは、その情報源が何処なのか、またそれが本当なのか分からないことがほとんどですが、PILOT専門進学塾(PJ)の情報は全て航空会社など現場のパイロットから寄せられるもので、さらにPILOT専門進学塾に所属する各分野の専門家の判断も加わえてリアルタイムに更新されています!

PJパイロット適性診断テストも過去300名もの受験結果を参考に、より正確な合否判定を目指しています。また現場からの情報を参考に、専門家によりタイムリーに更新され常に正しく導き出されます!


適性診断テスト受験者の声

▶ 自社養成試験でどういったポイントをどの様に評価しているのか分かったのが良かったです。反省点も見つかり、少し自信が湧いてきました。
▶ ネットなどで出てくる情報と全然違ったので助かりました!でも高校生の頃に知っていたら、もっと違った道があったと思い、ちょっぴり後悔しています。
▶ 私は就活を始めてからパイロットの道を真剣に考える様になったので、あまりにも知らないことがあり過ぎました。SFA(PJ)の教官から厳しくも温かくも適切な指導を受けることが出来て、ますます真剣にパイロットになりたいと強く思える様になりました。
▶ 僕はまだ高校1年生で、パイロット適性診断テストを受けていいのか心配していましたが、SFA(PJ)の先生方に良くしていただき、とても為になりました!これからいろいろなことにチャレンジして行こうと決意しました!
▶ パイロットがまさかこんなに物知りだったとは思いもしませんでした。仕事としてパイロットをやることがいかに大変なことなのか、身にしみて理解出来ました。自分は甘かったと反省しています。でも長所やパイロットに向いている点も教えていただいたので、少し自信にも繋がりました。
▶ 航空大学校の受験直前に、SFA(PJ)で診断テストを受けてC判定でした。他の予備校に参加していたのですが、結局準備も間に合わず判定の通り結果は不合格でした。この成績ではSFA(PJ)に正会員として受け入れて頂けないそうですが、まずはビジターからSFA(PJ)の対策の受講を始めて、徐々に自分を高めていこうと強く心に誓いました。絶対に負けません!これからよろしくお願い致します!!
▶ 大学の就活セミナーで習ったことと、パイロット向けの就活とがどれだけ違うか解りました。非常に参考になりますので多くの方にオススメ出来ます!
▶ 自分自身のことをどれだけ知らなかったのか、経済感覚が欠落していたのか。。全て気付かせて頂いたのはPILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーの教官です!感謝致します。
▶ 夢からさめた気分です。自分が甘くパイロットを夢見ていたんだと思います。でも、これから、指摘されたことを修正して、夢ではなくて明確な目標に変えていこうと思います。SFA(PJ)に来て本当に良かったです。

『受験してみたくなった!腕が鳴る!』

適性診断テストの内容

PJパイロット適性診断テストは、ご希望の日時に合わせて一年を通していつでも受験いただけます。

内容は以下の通り (判定の待機時間や休憩時間も含めて4時間ほどかかります)

1,面接試験(人物評価テスト)
2,学科試験(パイロットに必要な基本5教科)
3,技量適性検査(シミュレータ使用)
4,合否判定・解説・進路相談

『結構難しそうだ・・・勉強頑張ろう!』

テスト前に前もって準備いただいても構いませんが、本来の実力を知ることも重要です。

またこれ以上細かな試験内容については予めお知らせ出来ません。

PJパイロット適性診断テスト 受験料


19,440円(税込)


 ※受験当日、現金でお支払いください。

『よし!参加してみよう!』『エアラインパイロットを本気で目指してみるぞ!』


適性診断テストの判定について

PJ適性診断テスト終了後、以下の5段階で判定を行い受験生様にその場で発表致します。

( A判定 〜 B+判定 〜 B判定 〜 C判定 〜 F判定 )

判定内容に従いまして以下の通り、各社各校の合格率、及び、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミー入会可否が決まります。


PJ適性診断テスト合格率と入会可否

*合格率判定は、受験先の会社や学校によって率に開きがあるため、こうした表記となっています。

*合格率判定は、当テストでは実施されない身体検査での影響も含めた値です。
(そのため合格率100%はありません)

*入会可否について「入会不可」や「条件付き」であっても、ビジター扱いでPILOT専門進学塾のクラスや対策を受講可能です。


適性診断テストお申込

①お申込フォームより

お申込フォームよりご入力をお願いします。改めまして、PILOT専門進学塾からご連絡をさせていただきます。
その際、日時など詳細をご確認ください。

適性診断テストのお申込はこちら

メールは迷惑メールフォルダに自動振分されることがあります。
@airman.or.jp からのメールが受信できるように予め設定ください。

②お電話より

以下フリーダイヤルまでお電話ください。(携帯PHSも可)

フリーダイヤル 0120-961-747

定休日や休業日、出張日など電話に出られない時も御座います。
その際は折り返しお電話致しますので、上記フリーダイヤルからの電話が着信できるように設定ください。

よくある質問

崇城大学とはどのような関係ですか?

 崇城大学は熊本県にある、国内で唯一、実機訓練を学校が保有する教官人材と訓練機体で実施している私立大学です。

 ※ほか大学は訓練を他校に委託(または部分委託)

 SFAでは設立時より、国内で実機訓練を行う優秀な学校を提携先として探してきていましたが、2013年より崇城大学が自前で実機訓練を始めたことを契機に、崇城大学における乗員養成の内容をじっくり見てまいりました。

 崇城大学における訓練内容、機材、訓練施設、何より中山理事長を初めとする大学側スタッフ全体が寄せる乗員養成に対する熱い想いを十分感じることが出来ましたので、SFA教官総一致により、SFA学生を安心してお預けし一緒に養成していくことを前提として、2014年12月2日、崇城大学と社団法人日本エアマンシップ・操縦士養成機構(SFAの運営会社)は、航空人材養成に関する協力協定を取り交わしました。

 協力協定関係ですので、今後も協定締結以前と変わらず、崇城大学に対しても、ほか大学に対しても、外部組織として独立した活動を実施して参る所存です。

 従いまして、崇城大学への進学をお勧めすることはあっても、進学先を限定した指導は実施いたしません。正しい進路とは、我々教官が選ぶものでもなく、ましてやご両親が強制するものでもなく、大切なのは学生ご自身が自らの意思で選ぶことが大切です。この原則は変わりません。

※2017年2月現在、崇城大学への進学者がたいへん増えておりますが、これは学生達が自ら興味のある全ての大学を見学し、最終的に選んだ進路です。実際、滑り止めで他校を受験している学生もおりますし、崇城大学を辞退し他校へ進学した学生もおります。


シアトルフライトアカデミーは専門学校ですか?

 シアトルフライトアカデミーは、「エアラインパイロット養成所」です。パイロットを目指す学生が通う「大学進学予備校」としての役割も兼ねています。

 他の職業と違い、エアラインパイロットは一人にかかる責任が何百倍も重い職業です。フライト中、仮に想定外の一大事が起ころうとも、乗客や財産を安全に目的地まで運ばなければなりません。そんな安全運航を担うパイロットになることを念頭に、基礎的な人間道徳、総合的な知識や技量と考える力などが身体化されるまで、長期に渡りトータル教育する必要があります。


SFAでかかる費用はどのくらいですか?

 SFAの学費ということですが、選択制になっており、無駄なクラスを受講する必要はありませんので、現在の貴方の実力次第で学費が変わるということになります。

 従いまして、学費がいくらくらいかかるのかを知るためには、まずはじめに「パイロット適性診断テスト」を受講いただき、受講日のうちに結果をお伝えし、詳しい進路相談を実施します。その際にどの程度の授業料がかかるかお伝えできます。

 まずは「パイロット適性診断テスト」にお越しいただき、パイロットを本気で目指すべきか(SFAに通ってもいいかどうか)を見極めてください。

 「パイロット適性診断テスト」を受験したからといって受講を強要したり、セールスの電話をかけるなど一切致しませんし、受講される場合でも、ご予算やお時間に合わせて受講いただけますのでご安心いただけます。


いつから通えばいいですか?

 コースによって異なりますが、より早い方が合格を勝ち取る可能性が高いことが立証されています。なぜならば、パイロットの採用試験はたいへん厳しく、外見を飾っても一発で見抜かれてしまうからです。コアとなる部分を強いものにするためには、人生観をも見つめ直さなければならないのです。

 例えば2015年のJALパイロットインターンシップでファイナルステージまで終えて自社養成採用試験の4次に進んだ3名は全員2年以上SFAに在籍しています。

 エアラインパイロットになるまでのトータルの学費を下げるためにも、また少しでも早く社会人デビューして所得を得るためにも、各個人の能力や予算に相応しい「正しい進路選択」が重要になってきます。残念ながらSFAにお見えになる学生様の殆どが「もっと早くSFA来ていたらよかった…」と後悔なさっています。


進路相談・授業見学を予約しよう SFA入学試験・一日機長セミナー

つぶやき from SFA 教官- SFA学生へ -

学校教職員のみなさまへ パイロットを目指す学生への進路指導ありがとうございます!  正しいご指導へご活用ください!パイロットキャリアセミナーはこちら

クラス・訓練予約

  • PC・スマホ予約はコチラ
  • 予約方法はこちら

QR

スマートフォン・モバイルでもSFAをご覧いただけます。